言葉遣いにはルールがある|葬儀を問題なく執り行う為に知っておくこと|業者選びが重要ポイント
花

葬儀を問題なく執り行う為に知っておくこと|業者選びが重要ポイント

言葉遣いにはルールがある

葬儀

電話メールはさけましょう

埼玉で行われる通夜、葬儀に、止むを得ない事情で弔問に行けない場合は弔電を打ちます。いくら親しい友人でも電話でのお悔やみはマナー違反です。一刻も早く埼玉の遺族を力づけたい気持ちはわかりますが、遺族は通夜や葬儀の準備で非常に忙しいため電話に出られないことが多く、かえって迷惑をかけてしまうことになります。メールもお悔やみに相応しいとはいえず、できれば避けましょう。何故ならメールは便宜的な通信手段に過ぎず、遺族はメールを読む時間もないほど多忙だからです。送られてきたメールに「実は家族が亡くなりました」などと書いてある場合は「大変でしたねと」と一言添えたいですが、あくまで返事に限ります。お悔やみを届ける相手は遺族という複数であることを心に留めておいてください。

言葉遣いのタブー

埼玉で行われる葬儀で、弔電やお悔やみの言葉使いには、様々なルールがあります。重ね重ねやたびたびといった重ね言葉や、再び、続いてなど悲しいことを繰り返すイメージの言葉は禁句です。また死という言葉を口にしないことも大事です。逝去、永眠などに言い換えるようにしましょう。相手の宗教によってもお悔やみの言葉は違ってきます。とくにキリスト教では死は神様に召される意味なので逝去ではなく昇天、帰天と言い、故人に対しては安らかにお眠り下さいと言葉をかけます。お悔やみや冥福、供養は仏教だけの言葉です。但し些細なことにあまり神経質になる必要はありません。むしろ言葉遣いは正しく完璧な人でも葬儀中に他の埼玉の参列者とお喋りをしている人の方が目立ってしまい失礼にあたるので注意が必要です。