最後の時間を家族で過ごす|葬儀を問題なく執り行う為に知っておくこと|業者選びが重要ポイント
花

葬儀を問題なく執り行う為に知っておくこと|業者選びが重要ポイント

最後の時間を家族で過ごす

数珠

今人気の葬儀

門真市では、毎年多くの人が亡くなっています。人が亡くなると何はさておき葬儀を営むことになりますが、門真市では家族葬が営まれるケースが増えています。家族葬というのは、家族を中心にしてごく親しい間柄の人だけでこじんまりと営む新しい形式の葬儀です。本当に家族だけで営む場合もあれば、友人や知人も参列する場合もあります。こうしなくてはならないという決まりのようなものはありませんので、参列者の範囲については葬家が自由に決められます。ただし、いずれの場合も儀礼的な弔問客の参列を排除するという点では一致しています。排除という言葉よりも御遠慮願うという言葉の方がしっくりくるかもしれませんが、故人の死を本当に悲しんでいる人だけで最後の見送りをすることができるため、心温まる葬儀になります。家族葬の良さが口コミで広がり、門真市では家族葬を選ぶ人が増加しています。

葬儀のやり方

先程も言ったように、家族葬はこうでなくてはならないという決まりのようなものは一切ありません。新しい形式の葬儀と聞くと宗教色のない葬儀を連想する人が多いですが、何等かの宗教儀式を執り行うのが一般的です。一番多いのは仏式で営まれるケースですが、キリスト教式や神道式で家族葬が営まれるケースもあります。要するに、葬儀のやり方自体は一般の葬儀とほとんど変わらないということになります。少し乱暴な言い方をしてしまうと単に葬儀の規模を縮小するだけなのですが、小規模葬儀だからこその温もり感が生まれます。もちろん、ただ単純に参列者の数を減らしてしまうと、とても寂しい葬儀になってしまいます。そうならないようにできるかどうかは、サポートする葬儀社の手腕にかかっています。幸いなことに、門真市には家族葬を得意としている葬儀社がありますので、故人と過ごす最後の時間を濃密なものにすることができます。